EGテスティングサービス株式会社 テスト(第三者検証)のプロフェッショナル集団

2024年3月6日(水)14時より、Webアクセシビリティ対策ウェビナーを開催

NEWS

NEWS
お知らせ

2024.02.27

イベント情報

2024年3月6日(水)14時より、Webアクセシビリティ対策ウェビナーを開催

 EGテスティングサービス株式会社(以下、「EGテスティングサービス」)は、2024年4月の法改正に伴い事業者の合理的配慮の提供が義務化されるWebアクセシビリティ対応の必要性やメリットをお伝えするとともに、より満足度の高い体験を提供するWebページを実現する手法を解説するウェビナーを、2024年3月6日(水)14時より開催いたします。

Webアクセシビリティ対策ウェビナーのバナー画像

 安心・安全なインターネット環境の実現に向け、ネットパトロール、カスタマーサポート、脆弱性診断などネットセキュリティに関わるサービスを一気通貫で提供しているイー・ガーディアングループの中で、EGテスティングサービスは、ゲーム・Webサイト・モバイルアプリ等のソフトウェアやハードウェアのテスト(第三者検証)、デバッグ業務を提供しております。

 Webアクセシビリティはこれまで障害者差別解消法により、政府公共機関の対応のみ合理的配慮の提供が義務化されていましたが、2024年4月の法改正に伴い民間・一般の事業者についても合理的配慮の提供が「努力義務」から「義務」となり、Webアクセシビリティへの対応も範囲となる可能性があります。
 WebアクセシビリティとはWebサイトにおけるバリアフリーのことで、さまざまな利用者がPCだけでなくスマホやタブレットなどのデバイスで、文字の大きさや色味、音声読み上げ機能などの整備により機能を支障なく利用できることを指します。海外諸国では既にさまざまな法整備が進められているなど、グローバル化の進む社会においてWebアクセシビリティへの対応が急務となっており、企業や団体・Webサイトやアプリなどを評価する際の、尺度の一つとして見られるようになる機会が増えていくと考えられます。
 一方で、Webアクセシビリティへの取り組みの重要性を理解していても「どのように取り組めば良いかわからない」「適切に対応できているか判断できない」という課題や、「アクセシビリティへの対応を進めることによりUX(ユーザーエクスペリエンス)が損なわれてしまう」という懸念を持つ方がいらっしゃるのも事実です。

 そこでEGテスティングサービスでは、「未来のウェブ体験を築く:アクセシビリティとUXの融合に向けた戦略的アプローチ」を開催する運びとなりました。本ウェビナーではWebアクセシビリティ対応の必要性やメリットをお伝えするだけではなく、より満足度の高い体験(ユーザーエクスペリエンス)を体感できるWebページの実現をする手法もご紹介いたします。
 まだ対応していない方も、今からでも対応しようとすることが重要です。Webアクセシビリティ対応を行いたいとお考えのWeb担当者の方や、Webコンテンツの利用者を増やしたいとお考えの方におすすめです。

 今後も、EGテスティングサービスは、イー・ガーディアングループの一員として専門性と質の高いサービスを提供し、ミッションである「We Guard All」の実現に向け、人々の生活をより便利に、豊かにするサービスの開発に尽力して参ります。

【ウェビナー概要】

テーマ 未来のウェブ体験を築く:アクセシビリティとUXの融合に向けた戦略的アプローチ
~2024年4月に迫る法改正への対応と、サイトのバリアフリー化による売上機会の最大化~
開催日時 2024年3月6日(水) 14:00~15:00
実施方法 オンライン
お申込みURL https://majisemi-sales.doorkeeper.jp/events/169561

■タイムスケジュール

14:00~14:05 オープニング
14:05~14:45 未来のウェブ体験を築く:アクセシビリティとUXの融合に向けた戦略的アプローチ
~2024年4月に迫る法改正への対応と、サイトのバリアフリー化による売上機会の最大化~
14:45~15:00 質疑応答